自分の頭皮や健康状況を常に確認して継続的改善を!

20歳代の若い頃、自分の髪の毛は全体的に細く天然茶髪ぎみの髪の毛でした。
まさか自分が薄毛になるとは思ってもいなかったのですが、
歳を重ねるに当たり頭頂部が薄くなり、周辺髪と比べると薄くなってしまいました。
しかも、頭皮から脂が染み出しテカリぎみで目立つ様になりました。
その様な状況が継続しているから、年々頭頂部の頭皮の毛穴が詰まっている感があった。
そのうち、頭頂部の抜け毛が多くなった事はある意味当然と言えば当然である。
若い頃は普通に安価なシャンプーを使っていたのですが、そういう行為が
この症状を加速させているのでは?と思い、少し高級(700ml_2700円程度)な頭皮ケア用
の薬用シャンプーを試してみました。
体感的に頭皮がサッパリした感が一次的にあり抜け毛も減りましたが、
そのうち頭皮がそのシャンプーに慣れてしまったのかサッパリ感が少なくなり、
当初の抜け毛の量に戻ってしまいました。
更には少しかゆみが出てきて、頭をかく習慣が出てくる様になってきました。
当然の事ながら頭皮は湿疹が酷くなり、流血している事も多々ある様な状況と
なりました。
今度はその湿疹がなかなか治らなくなり、100均で売っているオキシドールを
湿疹箇所に付けると、一時的に改善したのでオキシドールに頼る様になりました。
ここまで来ると、湿疹の原因は細菌の影響だと直ぐ判りましたので、
殺菌効果のある良いシャンプーを探していた所、LIONのオクトというシャンプーと
花王のサクセスエクストラクールというシャンプーが候補に挙がった。
共に、”ピロクトンオラミン”という殺菌効果のある成分が入っているという事で、
候補に挙げたのです。
手始めに、花王のサクセスエクストラクールというシャンプ-を試してみました。
今までも、トニックシャンプーとかのクール系のシャンプーは大好きでしたが、
このエクストラクールのスッキリ感は比較にならない程クール感のあるシャンプーでした。
値段もあまり高くないというのが選択の理由でもあります。
今までは、どの様なシャンプーに変えても湿疹が出ていたのですが、
”ピロクトンオラミン”という殺菌成分が効いたのか、シャンプーだけで湿疹は
治ってきました。当然、オキシドールに頼る事も無くなりました。
しかしながら、自分の頭皮は順応力が高いのか次第にクール感を感じなくなりました。
抜け毛、湿疹共に改善はしてきたのですが、クール感を感じなくなって来ると、
また、頭皮の毛穴が詰まった感を感じる様になってきました。
当然、頭皮からの脂が染み出しテカル現象は変わらず、これをどうにかしないと
改善はしないであろうという事が判りました。
しかも、最近の健康診断の結果では、コレステロール値が年々高くなってきており、
これも薄毛に影響しているであろう、、、という事も判りましたので、
コレステロールを下げる為に、”ビタミンB”系を意識した食事を取る様に心がける様に
しました。
更には、糖分の取りすぎ、コーヒー等の嗜好品(刺激物)を多く飲む、等の行為も
薄毛に対して悪い影響を与えているであろうと思い、共に量を減らす方向に変更して
みました。
特に集中して行う作業がある時は、慣れなくて大変で、
以前はコーヒーの飲みすぎが原因で熱中症にかかり、倒れて入院までしましたが、
次第に慣れてきて、糖分やコーヒーに頼らなくても集中出来る様になってきました。
更には、肉食主義で炭水化物を多くとる食事から魚、野菜主義で炭水化物はそれなりの食事に
変更してみました。
しかも糖質制限の為に、間食を出来るだけ減らしてみました。
それらの手段のかいがあってか、頭皮のコンディションや薄毛は改善する方向に
進んでいる様な気がします。
しかも、夜はぐっすり寝れる様になった気がします。

要するに肝心なのは、あらゆる方向から自分の健康状態を示すパラメーター(健康診断結果等)
の状態を見直し、調査し、改善の方向に生活を変える努力(継続的な改善)が重要かと思います。
※最近は重曹シャンプーもたまに試してみたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です